水道に関するトラブルで自分で修理をする場合の仕方

比較的簡単な修理で解決できることも多いのが住宅内の水道などの水のトラブルですが、実際に修理をするとなると方法が気になるという人も多いのではないでしょうか。そこでここではキッチンやトイレ、お風呂で水漏れが起こった場合の修理の仕方について紹介します。

■キッチンで水が漏れている

キッチンの蛇口から水が漏れている場合はパッキンの劣化や部品の欠損、部品の緩みなどが原因になっていることが多いことから、締め直したり交換することで修理ができます。
またキッチンの下で水が漏れている場合は排水管と排水管の周りに問題が生じているので、蛇口の水漏れと同じように緩みを締め直したり部品を交換する以外に、排水管と排水ホースが繋がっているか確認する、シンクと流し台のコーキングが剥がれてしまっていないか確認をすることなどでトラブルを解決することができます。

■トイレで水が漏れている
トイレで水が漏れる原因となっていることが多いのがトイレタンクです。特にタンク内のボールタップやオーバーフロー管などが原因になっていることが多く、これらの機能はトイレの水を一定の量給水してから止めるためにあるので、故障や劣化によって水が流れっぱなしになってしまいます。
ボールタップはパッキンの交換をする、ゴムフロートやオーバーフロー管は新品に交換することで解決することができます。トイレの水の節約のためにタンクの中にペットボトルなどを入れているとう人はペットボトルによってこれらの機能が故障してしまう可能性があるのでやめるようにしましょう。

■お風呂で水が漏れている

お風呂の水漏れの原因は蛇口に使われているパッキンなどの部品の劣化やホースやパイプの裂傷、ナットやボルトなどの継ぎ目の緩みなどが挙げられます。またこの他にもシャワーヘッドやホースの劣化や裂傷なども考えられますが、基本的に劣化や裂傷をしている場合はその部分だけ新品に交換することで解決することができます。
ただし給湯器から水が漏れている場合は自分で修理するのは困難なため業者に依頼するようにしましょう。給湯器は浴槽や蛇口などに接続されていることから接続部分も多く、意外と水漏れの原因になっていることもあります。

■まとめ
水道などの水のトラブルを自分で修理する場合の仕方はキッチンやお風呂、トイレなど基本的に水が出る仕組みはほとんど変わらないことから簡単な修理は似ているものが多いです。原因を特定して自分でできると判断できる場合は、費用の節約のためにも挑戦してみるのもよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ